一時支援金のよくある問い合わせの中で、重要なものをピックアップ

一時支援金のよくある問い合わせの画面を見た人ならわかるかと思いますが、文書がPDFになっていて、ファイルが複数あり、パソコン・スマホで見るのも大変ですよね。

 

そこで、一時支援金のよくある質問に関し、申請者に特に関係のある部分をピックアップ、スマホなどからも確認しやすいように整理しました。

なお、要項やメインページの案内画面に記載されていることは、省略します。

また、基本的な部分はこちらのページにも書いております。

法人・個人事業者への一時支援金の申込ページと支給手続要領が公開!申込は3月8日から開始、ポイントと注意点は?

 

なお、内容は2021年3月30日時点のものをベースとしています。

 

スポンサーリンク

1 一時支援金の給付対象者について

Q 自らの事業が給付対象に当てはまるのかを確認したい

A 事業の具体例は、申請要領の3ページ目を確認。

例示している事業であれば必ず給付対象となるわけではない。例示事業に該当しなくとも条件を満たせば給付対象になる。

登録確認機関は、「帳簿等の事務局が定めた書類の有無」や「宣誓内容に関する質疑応答」等に関する形式的な確認を行い、申請者が給付対象であるかの判断は行わない(判断は申請者の自己責任ということ)

 

Q 緊急事態宣言の対象地域「以外」に所在する場合でも給付対象になるか

A 緊急事態宣言の対象地域以外の事業者であっても、給付要件を満たせば給付対象。

 

スポンサーリンク

2 一時支援金の申請方法・給付額について

Q 不動産収入・山林収入を給付額の算定等に用いることはできるか

A 事業収入が前提であるため、できない

 

Q 給付額の算定に用いる事業収入等に持続化給付金等は含めて良いか

A 含めない。給付額の算定に用いる事業収入等については、持続化給付金や家賃支援給付金を含めた新型コロナウイルス感染症対策に関連する給付金や新型コロナウイルス感染症対策として地方公共団体による営業時間短縮営業に伴い支払われる協力金などを除いた額を申請フォームに記入。

「確定申告書に記載の事業収入等」と「申請フォームに記載の事業収入」に相違があっても、不正受給等のおそれがある等の理由により調査等が必要であると事務局が認める場合を除き、原則として、事務局からは、その記載内容の確認や修正等の依頼は行わない。そのため、申請に当たっては、申請フォームに記載する事業収入等に誤りがないかについて、確認して入力すること

 

スポンサーリンク

一時支援金の申請に必要な書類に関して

Q 確定申告書(控え)に収受日付印がないが、どうすればいいか。(個人事業者等)

A

原則 確定申告書第一表の控えには収受日付印が押印(税務署においてe-Taxにより申告した場合は、受付日時が印字)されていることが必要。

e-Taxによる申告であって、受付日時が印字されていない場合は「受信通知(メール詳細)」を添付することが必要。

例外 収受日付印(税務署においてe-Taxにより申告した場合は、受付日時の印字)又は「受信通知(メール詳細)」(以下「収受日付印等」という。)のいずれも存在しない場合

提出する確定申告書類の年度の「納税証明書(その2所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)を併せて提出

上記書類もない場合は、提出する確定申告書類の年度の「課税証明書」又は「非課税証明書」を併せて提出

Q クラウドソーシングなどのプラットフォームが決済代行をしており、支払調書や通帳のコピーが提出できない場合はどうすればよいか。

A  ①クラウドプラットフォームの利用明細(申請者が作成したものではなく、クラウドプラットフォームの名称等及び申請者氏名が掲載されているクラウドプラットフォームのページのコピー等)、②クラウドプラットフォームからの支払が確認できる通帳のコピー等をそれぞれ提出すれば、支払調書等に準ずるものとして申請可能

Q 取引先事業者の法人番号が分からない場合は、どうすればよいか。

A 国税庁のサイトより無料で検索可能。

https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

 

スポンサーリンク

一時支援金の電子申請について

Q スマートフォン・タブレットから申請を行うことができますか。

A スマートフォンでの申請が可能となるよう準備中。スマートフォン対応可能となったタイミングで、ホームページの「お知らせ」に掲載。

Q パスワードがわからず、マイページにログインできない。パスワードの再発行はできないか

A パスワードを忘れた場合のパスワードリセット機能は、今後リリース予定。
本申請前であれば、仮登録から行っていただき新規アカウントでの申請は可能。
申請の途中で「ログインID」も忘れてしまった場合は、一時支援金ホームページの「申請」ボタンからやり直す。
「ログインID」を忘れるとマイページにログインできなくなるため注意。

Q 申請内容を間違って入力してしまったので修正したい

A 自分からは修正できない。誤入力など審査の過程で修正が必要な場合は、修正依頼メールの送付およびマイページの通知から連絡がある。

Q 電子申請する前に準備しておくものは。

A 申請に必要な証拠書類等を、電子申請の際に添付できるよう事前に電子化しておく。
アップロードが可能なファイルは写真やスキャンなどの画像(JPG、JPEG、PNG)、又はPDFのみとなる。iPhone、iPadなどで撮影すると、初期設定の場合は「高効率」となっており、拡張子がHEIFなど、対象外のデータで保存される。そのため、iPhoneなどのスマホカメラを利用する場合は、設定→カメラ→フォーマットを選択、「互換性優先」の設定にして、jpgで保存できるようにしておくこと。

また、写真はスキャナーで読み取ったデータ(明瞭な写真でも可)を用意。
画像の容量は1ファイル10MBまでとなるため。ファイルサイズが大きくならないように注意。

 

Q  基本情報はいつ時点の情報を入力すればよいか。

A 申請日時点の情報で入力。
(前事業年度の確定申告書の情報と現在の情報が違う、近々会社が引っ越す予定・代表者が交替する予定で現在の情報から変更が見込まれている場合等)

Q 電子申請で使用できるメールアドレスの制限は

A

1.許容している文字(abcdefg.hijklmnopqrstuvwxyz!#$%&’*/=?^_+-`{|}~0123456789)以外の文字が含まれている
2.メールアドレスのローカルパート(@マークより前の部分)の間に3つ以上の連続したピリオド(‘…’)が含まれている(例:a…a@test.jp)
3.メールアドレスのドメインパートの直前(@マークの直前)に2つ以上のピリオド(‘..’)が含まれている(例:a..@test.jp)
4.メールアドレスのドメインパート(@マークの後ろの部分)に、許容している文字(0-9、A-Z、a-z “、および、ハイフン-”)以外の文字が
含まれている
▽使用できるメールアドレスの例
abcdefg.hijklmnopqrstuvwxyz!#$%&’*/=?^_+-`{|}~0123456789@test.jp

 

スポンサーリンク

一時支援金の事前確認について

Q 登録確認機関は、どのように探せばよいか

A

  • 商工会/商工会議所の会員→商工会/商工会議所
  • 農協/漁協の組合員→農協/漁協
  • 中小企業団体中央会の会員→中小企業団体中央会
  • 金融機関と事業性の与信取引がある→当該金融機関
  • 顧問の士業がいる→当該士業
  • 以上のケースの場合事務局のホームページに掲載されている身近な登録確認機関に事前確認を依頼するのがベター
  • 登録確認機関である団体等の会員、事業性の与信取引先、士業の顧問先等の場合、事前確認において、電話での質疑応答のみに省略することが可能

Q 身近な登録確認機関が存在しない場合は、どうすればよいか

A 事務局コールセンターに相談か検索サイトで確認。

事務局コールセンター

0120-211-240  03-6629-0479

8:30~19:00(土日、祝日含む全日対応)

登録確認機関検索サイト

月次支援金

 

一時支援金の受け取りについて

Q 一時支援金を誤って受給した場合、どうすればよいか

A 給付要件を満たしていないにも関わらず一時支援金を受給した場合には、速やかに返還。

上記の一時支援金事務局のコールセンターで返還を受け付け。

 

以上、一時支援金のFAQで特徴的な部分をピックアップしました。

 

その他の一時支援金関連コンテンツは下記の通りです。

各種一時支援金関連記事へのリンクです。

一時支援金の基本からQ&Aまで解説

 

一時支援金のよくある問い合わせの中で、重要なものをピックアップ

 

一時支援金の事前確認に関して、意外と誤解されがちな事

 

 

一時支援金の事前確認手続を、無償で事務局が行う方向!有償で確認を行う登録確認機関の手数料についても、柔軟な対応を要請

 

一時支援金に関して、説明画面を元にYoutubeで解説!引っかかりやすいポイントも

 

 

一時支援金本登録の仮登録・申請受付が3月8日既に開始済!混み合う可能性もあるので急いで手続きを

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました