一時支援金の基本からQ&Aまで解説リンク

現在実施中の一時支援金・今後開始される月次支援金について、改めて基本からQ&Aなどこれまでの記事のまとめリンクです。

月次支援金に関する紹介記事です。

6月から2021年4月分以降の減収に対する1ヶ月最大10万円~20万円の月次支援金スタートへ!

月次支援金に関しては、5月に対象となった愛知・福岡・北海道・広島・岡山の事業者(それ以降に緊急事態宣言に指定された地域も)、それぞれの地域と取引がある事業者も対象になる可能性があります。(収入の減額幅、業務、取引先など諸条件を踏まえ)

なお、月次支援金の解説文書の中には、「一時支援金事務局が月次支援金事務局も兼ねることとします」とあるため、仕組みとしては一時支援金とほぼ同じ形となることが推測されます。

 

一時支援金開始直前の解説です。

法人・個人事業者への一時支援金の申込ページと支給手続要領が公開!申込は3月8日から開始、ポイントと注意点は?

一時支援金開始後の解説です。

一時支援金本登録の仮登録・申請受付が3月8日既に開始済!混み合う可能性もあるので急いで手続きを

 

一時支援金を受給するためには、確認機関での受付が必要です。ただ、費用がかかる確認機関と無料の確認機関が存在し、無料の確認機関には依頼が殺到しています。一方、確認機関が有料の場合はいくらが適正化かを記事にしています。

一時支援金の確認機関の報酬はいくらが適切?

 

一時支援金に関して、Youtubeでの動画説明も加えました。

一時支援金に関して、説明画面を元にYoutubeで解説!引っかかりやすいポイントも

 

一時支援金の事前確認手続を事務局が行う方向であると示されていますが、4月4日現在は解説されておらず、開設待ちの状況です。

一時支援金の事前確認手続を、無償で事務局が行う方向!有償で確認を行う登録確認機関の手数料についても、柔軟な対応を要請

 

一時支援金の事前確認に関して、誤解されがちな点をまとめています。

一時支援金の事前確認に関して、意外と誤解されがちな事

 

一時支援金のよくある問い合わせは、PDFでまとめられています。そのため、Webサイトの問い合わせの中で重要なポイントをピックアップしました。

一時支援金のよくある問い合わせの中で、重要なものをピックアップ

 

 



また、一時支援金の公式サイトはこちら、厚生労働省の一時支援金概要サイトはこちらとなっています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました