一時支援金本登録の仮登録・申請受付が3月8日既に開始済!混み合う可能性もあるので急いで手続きを

予定されていた、一時支援金の仮登録・申請受付が3月8日未明に既にスタートしました。

 

手順は、仮登録でID発行→登録確認機関での事前確認→本登録

というプロセスですが、おそらく登録確認機関での事前確認で相当混み合うことが想定されます。

 

申請書類として下記の資料を用意、

①本人確認書類※1
②履歴事項全部証明書(中小法人のみ)
③収受日付印の付いた、2019年1月を期間内に含むもの以降、全ての確定申告書の控え※2,3
④2019年1月から2021年対象月までの各月の帳簿書類(売上台帳、請求書、領収書等)※4
⑤2019年1月以降の事業の取引を記録している通帳
⑥代表者又は個人事業者等本人が自署した「宣誓・同意書」

 

また、登録確認機関を探す際は、一番ベターなのが、登録確認機関となっている各機関の会員、顧問先、事業性融資先等です。

 

登録確認機関となっている各機関の会員、顧問先、事業性融資先等であれば、帳簿書類等の確認が省略でき、電話での質疑応答のみでの対応が可能です。そのため、身近な登録確認機関に事前確認を依頼することを推奨しています。

下記の検索サイトに掲載されている、商工会/商工会議所の会員の方は当該商工会/商工会議所に、農協/漁協の組合員の方は当該農協/漁協に、中小企業団体中央会の会員の方は中小企業団体中央会に、金融機関と事業性の与信取引がある方は当該金融機関に、顧問の士業がいる方は当該士業に確認を依頼してください。

 

自身の取引金融機関や顧問の士業が登録確認機関でない場合、その他見つからない場合は、相談窓口や事務局の検索ページより検索しましょう。(3月8日AM現在は検索できる状態になっていません)

 

一時支援金の手続は、1つ1つのステップに時間がかかる事が想定されるため、早めに手続きすることをお勧めします。

 

一時支援金の基本からQ&Aまで解説

一時支援金公式ホームページ

 

 

タイトルとURLをコピーしました