中小の業態転換に200万円を「超える」新補助金の検討開始!その他追加経済対策も(11/20)

過去持続化給付金に関していろいろまとめてきましたが、今回は「業態転換に取り組む中小企業に対する補助金制度の新設や、各種予算の増額に関するニュース(共同通信社)が入ってきました。

 

現在はまだ検討段階ですが、現在判明しているのは、

  • 持続化給付金第2弾の代わりとして位置づけ
  • 1社当たり最大200万円「超」の支給を想定
  • 政府系金融機関による無利子・無担保の融資枠も拡充
  • 販路拡大を図る小規模事業者への補助金の予算増額
  • 設備投資への補助金予算増額
  • IT導入を促す補助金の予算増額
  • 売上の増減など詳細条件はまだ不明

(予算の増額は、あくまで全体予算の増額であり、支給額の増額に関しては不明です。)

 

スポンサーリンク

今回は、法人だけが対象なのか?

文章を見ていると、今回は法人のみが対象で、個人事業主は対象外と見られますが、実際の運用はどのようになるのでしょうか。

中小企業庁に確認したところ、まだ具体的な情報は入ってきていないようで、結論は11月20日の時点では「わからない」というところです。

 

スポンサーリンク

補助金の場合、補助分実質後払いとなる

補助金の場合、用途等、また給付前に領収書等で「きちんとお金をこの通りに使いましたよ」ということをしっかり示す必要があります。

 

ですので、業態転換の補助金が仮に200万円出る場合、その200万円は先払いとなります。

 

ですので、手元には先払いできる資金を用意(もしくは融資で調達)しておく必要があります。

 

そのため、前回のように売り上げが1ヶ月50%減であれば申請できた持続化給付金と異なり、今回はかなり対象が限定される可能性があります。

 

一方、前回が緊急措置だった分、今回は前向きな投資が対象となるため、補助を受ける側としても手間はかかるが、堂々と使いやすいという点は言えるかと思います。

 

今後詳細が明示されてきましたら、都度追加します。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました