一時支援金申請5/31締め切りが6月15日に延長!ただし5/25~5/31までに手続必要

一時支援金、おそらく多くの人が「この締め切りで大丈夫か?」と心配していたかと思いますが、5月18日になって延長が発表されました。

 

スポンサーリンク

一時支援金の申請期間の延長期間と、5/25~5/31までに必要な手続は?

原則は、申請期限が2021年5月31日(23時59分・事務局確認済)であることには変わりがありません。

ただ、申請書類が間に合わないなど合理的な理由がある場合は、期限を2週間程度延長する措置が取られる予定です。(最終締め切りは6月15日までとなりました)

なお、申請する前に必要な「登録確認機関での事前確認」が受けられるのは、6月11日までとなりました。登録確認機関での事前確認は、ともかくできるだけ早めに済ませる必要があります。

期限延長措置を受けるためには、以下の手続が必ず必要です。

2021年5月31日までに、「申請IDの発行」及びマイページ上からの「書類の提出期限延長の申込」の両方を行う

手順や申請サポート会場での手続方法は、下記の通りです。(2021年5月25日から可能)

(ⅰ)マイページボタンから「初めて登録する方はこちら」をクリックしていただき、登録手続きを行ってください。
(ⅱ)登録完了後にマイページにログインしていただき、マイページ画面上の「書類の提出期限延長をご希望の方は、こちら」から申込ページに移動してください。
(ⅲ)申込ページにおいて、申請期限に間に合わない理由などの必要事項の記載等を行った上で、2021年5月31日までにお申し込みください。

また、電子申請が困難な場合には、申請サポート会場を予約いただき、2021年5月31日までに、同会場で「書類の提出期限延長の申込」手続を行ってください。

以上の手続を行うことが必要です。

そして、「まだ間に合う!一時支援金」というリーフレットにも説明がありますので、参考にしてみて下さい。

加えて、一時支援金の手続が完了し、正式に振込が行われると、6月16日から始まる月次支援金を、事前確認の手続を省略して行うことができます。

ぜひ、延長申請をしていた場合は申請してみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました