持続化給付金・家賃支援給付金の締め切りは1月15日24時!ただし、事情がある場合は2021年1月31日(日)23時50分まで延長可、持続化給付金は延長条件が厳しいので注意!

当サイトで以前から取り上げていた持続化給付金・家賃支援給付金ですが、公式としては「期間の延長なしで、2021年1月15日(金)24時までに提出、ただし、やむを得ない事情がある場合は2021年1月31日(日)23時50分まで延長可、(ただし、特段の事情について説明する書類を添付する必要)」となりました。(詳しくは持続化給付金・家賃支援給付金、1月15日締め切りが当日の経産省記者会見で一転、2月15日まで延長(ただし、1月末までに申出必要!)で)

 

また、持続化給付金の場合は延長条件が厳しく、売上対象月が12月以外の場合は、延長の対象外です。また、2021年1月15日までに書類の提出期限延長を申し込む必要があります。

「売上対象月が12月の場合」であることが大前提、その上で、以下のいずれかを満たす必要があります。
・「2020新規創業特例の申請に必要な収入等申立書」を申請に用いる場合
・「寄附金等を主な収入源とするNPO法人であることの事前確認書」を申請に用いる場合
・その他に申請期限に間に合わない事情がある場合

持続化給付金の場合は、上記のように延長条件が厳しく、「1月15日までに延長申請をしなければならない」、家賃支援給付金の場合は、「31日までに申請すればOK」という違いに注意しましょう。

 

ともかく、いずれのケースも、該当される方は急いで申請を行って下さい。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました