補助金の隠れたメリットとは?

今回はシンプルな記事です。

補助金・助成金(特に補助金)というと、時に書類提出などの手間もあり、リスクも伴う(採択されない・様々な状況の変化により、返還対象になる)というイメージを持つケースもあるかもしれません。

 

また、補助金は先払いではなく後払いのため、補助金がもらえるという前提で資金繰りを立てていると、いざ補助金がもらえないとなった場合に、資金繰りなどに支障を来す可能性があります。

 

そのため、「始めに自社の事業計画ありき」→「そのプロセスで補助金・助成金が活用できる場合は使う」というケースで進めていかないと、「補助金があるからこれをやろう」では、本末転倒と言えます。

 

とはいえ、日常業務で忙しい中で、補助金の書類を作成するということは、総務・経理などのバックオフィス体制が整っていないと厳しいですよね。

 

ですので、いきなり様々な補助金・助成金を狙うより、当初は顧問税理士・顧問社会保険労務士等としっかり相談を行い、「狙う上でそこまで負担感のない補助金・助成金(ものづくり補助金・IT補助金など)を積極的に狙っていく」形を取る形が良いかと思います。

 

事業の上で使える物(要素に合致する物)は使う、そうでなければ使わないなど、シンプルです。

 

活用できる物は、しっかり活用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました