GoToトラベル2.0再開を岸田首相が明言!割引率・ポイント・平日ポイント増なども(10/18)

社会が動き出し、GoToトラベルが「GoToトラベル2.0」として再開されることが国土交通省で検討され始めました。また、岸田首相もGoToトラベル2.0の開始に前向きな発言を行っています。

複数の条件などを付けた上で、旅行の支援を行っていく方針と見られます。

まだ不明確な点も多いですが、現時点でわかっていることをピックアップします。

スポンサーリンク

GoToトラベル2.0、平日の割引を割り増し・ポイント増他制度を大幅に変更?(10/18)

FNNプライムオンラインの記事では、変更が想定される点を、下記の通り挙げています。

  • 以前のGoToトラベルの割引率を維持するかどうか、災害被災地への旅行は割引率を上げたらどうか
  • 新たなGoToトラベルでは平日の割引を上げることが検討(休日が引き下げられるかはわからない)
  • 割引率の詳細はまだ未定
  • ワクチン接種済証明や陰性証明の活用が検討
  • 地方では、都道府県独自版県内GoToトラベルを行う自治体が多い

また、TBSのNキャスでは、

  • 平日は少しまたポイントを深掘り(つまり、平日は多めにポイントを出す)するというようなことを考えたらどうか
  • 各自治体が始めている県内の旅行割引を、県内にとどめることなく隣接県まで拡大できないかどうか検討

などの話も出ており、休日と平日で、「割引率の差+ポイント」か、「ポイント増」か、それとも他の策となるかは、今後の情報を待つ必要があります。

 

スポンサーリンク

GoToトラベルの再開を岸田首相が明言!(10/15)

岸田首相は、ワクチン接種証明などを活用して観光支援事業「GoToトラベル」の再開に向け準備を進める考えを表明しました。

これまでは政府の動きがGoToトラベル再開か保留か、揺れている部分がありましたが、GoToトラベルの再開が岸田首相から明言されたことで、GoTo2.0に向けた動きが活発化していくでしょう。

スポンサーリンク

GoToトラベル2.0はどこが2.0?(10/14)

岸田首相は、「GoToトラベル2.0を通して、結果(観光等サービス業への好影響)につなげたい」と会見で話しています。(10/6)

 

従来のGoToトラベルとは形態を変えて行われる訳ですが、どのような点が変わる予定でしょうか。

ワクチン接種証明や陰性証明を活用

ワクチン接種証明、陰性証明を活用、おそらく接種者、陰性証明者のみが利用できるか、優遇される可能性が強くなってきました。

 

中小事業者の利用で割引率をアップ

中小の事業者の利用で割引率をアップするということは出ていますが、具体的な基準、割引率UPは今後明らかになる方向です。

 

クーポン券のデジタル化(以前も行われていた)

クーポン券のデジタル化は以前も行われていましたが、今回デジタル化を柱に据えるということは、

  • クーポン券のデジタルのみの発行
  • デジタルクーポン券の優遇(割り増しなど)

が考えられる状況です。

これまでも当サイトではGoToトラベルを取り扱ってきましたが、懸念されるのは感染急拡大で、一気に制度停止・旅館側へのキャンセルが行われないかどうかというのが懸念点です。

ぜひ感染症が落ち着いたタイミングを見計らって、制度が再開、安定して、利用者・事業者に取って適切なタイミングで運営されてほしいものです。

 

スポンサーリンク

都道府県独自で広がる地方自治体版GoToトラベル2.0

政府のGoToトラベル2.0が具体化する前に、全国の都道府県が、独自のGoToトラベル2.0を始めました。

兵庫県のGoToトラベル2.0

  • ふるさと応援!ひょうごを旅しようキャンペーン
  • 兵庫県民だけ対象
  • ワクチン接種証明がメンバーによっては必要
  • 1泊一人最大5千円割引、最大5日分まで対象
  • 22日からは土産物店で利用できるクーポンが1泊につき最大2,000円分

広島県のGoToトラベル2.0

  • 名前は「やっぱ広島じゃ割」
  • 10/15から予約・販売開始
  • 広島県内在住者が対象
  • 宿泊プランが1人1泊1万上限で割引
  • 旅行プランが1人1旅行1万5千円上限で割引
  • 土産物店等で使えるクーポンが最大2,000円分付与

まだ他にも多くあるので、追加で取り入れていきます。

 

スポンサーリンク

GoToトラベル2.0を受け入れる観光地の反応は?

観光地の反応は、TBSのTHE TIME,によると「期待半分・不安半分」とのことです。

前回のGoToトラベルでは、売上が再拡大した後に、緊急事態宣言で急にキャンセルになったので、ある宿泊施設では、年末年始の売上が高いかき入れ時に、200~300件単位のキャンセルが来たとのこと。

前回のように、観光で第三次産業の復活が見込まれてきたときに、腰を折るようなことは避けて欲しいです。

GoToトラベル2.0の開始時期はまだ明らかにされていませんが、前回と違い、ワクチン接種も進んだ状況ですので、ぜひ早急な開始と、安定した運用を望みたいところです。

 

GoToトラベルの扱いは一時所得と公式発表!(現在制度停止中)

 

GoToトラベルキャンペーンのFAQを解説&8月1日からのコールセンターの電話番号は?(停止中)

 

タイトルとURLをコピーしました