新型コロナウイルス対策第二次補正予算成立!大まかな概要は?

本日(6月12日)午後、新型コロナウイルス対策の第二次補正予算案が成立しました。

 

今回の補正予算が、「スモールビジネス・ローカルビジネスの経営者や個人事業主にはどのような点があるの?」という点は、今後の記事でお知らせする方針ですが、今回は概要をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策第二次補正予算で、経営者にとってのポイント

新型コロナウイルス対策の第二次補正予算としての柱としては、5点のポイントがあります。

財務省のサマリーでは、

  1. 雇用調整助成金の拡充等
  2. 資金繰り対応の強化
  3. 家賃支援給付金の創設
  4. 医療提供体制等の強化
  5. その他の支援

の五本柱となっています。

この中から、経営者・個人事業主に関わる部分をピックアップしてみましょう。

 

・雇用調整助成金の拡充等 4,519億円

・資金繰り対応の強化 116,390億円

中小・小規模事業者向けの融資(うち88,174億円)

中堅・大企業向けの融資(うち4,521億円)

資本性資金の活用(うち23,692億円)

・家賃支援給付金の創設 20,242億円

・医療提供体制等の強化 29,892億円

・その他の支援 47,127億円

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の拡充 (うち20,000億円)

持続化給付金の対応強化 (うち19,400億円)

その他 (うち6,363億円)

・持続化補助金等の拡充〔1,000億円〕

・農林漁業者の経営継続補助金の創設〔200億円〕

・文化芸術活動の緊急総合支援パッケージ〔560億円〕

・個人向け緊急小口資金等の特例貸付〔2,048億円〕

主だったところとしては、上記の点が経営者・個人事業主にとって関わってくる部分と言えます。

 

では、具体的にはどういう点があるのかを、経済産業省(中小企業庁)・厚生労働省の支援策については、これから記事をまとめる予定ですが、「融資・家賃補助・雇用調整助成金拡充・これまで対策が行き届いていなかった分野へのフォロー・復興のための施策」が主体と言えます。

 

企業にとって関わりのある分野は、

・雇用調整助成金の拡充等 4,519億円

・資金繰り対応の強化 116,390億円

中小・小規模事業者向けの融資(うち88,174億円)

中堅・大企業向けの融資(うち4,521億円)

資本性資金の活用(うち23,692億円)

・家賃支援給付金の創設 20,242億円

持続化給付金の対応強化 (うち19,400億円)

その他 (うち6,363億円)の中の

・持続化補助金等の拡充〔1,000億円〕

・農林漁業者の経営継続補助金の創設〔200億円〕

あたりでしょうか。

 

今後、中小企業やローカルにとって関連がある分野を中心に、こういう制度やサポートができるというのを、今後の記事でかみ砕いて紹介していきたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました