ねるねるねるねに見る、お菓子のリブランディングの妙

子育てをする中で、多くの親が「買って!」と言われた記憶のある製品は意外とあるのではないかと思います。

 

ガリガリ君、スイカバー、うまい棒、ねるねるねるね、ドラえもん、プリキュアグミ、チョコビなどのキャラクター菓子・・・。

 

特に、ねるねるねるねを始めとする、「作って食べるおかしシリーズ」というのは、子どもが「いかにも」好きそうなお菓子です。

 

ねるねるねるねは、アラサー~アラフォーのお父さん・お母さんにとっても、あの怪しい魔女のCM(現代版の公式CMのリンク)がトラウマ記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

 

そしてお菓子売場で、子どもの「これほしい!」と大人の「体に悪そうだからダメ!」というつばぜり合いが、相当繰り広げられたことでしょう・・・。

 

スポンサーリンク

ケミカル菓子から知育菓子へのリブランディング

実際にこのクラシエのねるねるねるねをはじめ、いろいろなお菓子を子どもと一緒に作ってみたお父さん・お母さんは、「意外とこれ、つくるのに頭を使うな」ということを実感されたのではないかと思います。

 

例えば、水の分量や手順、切り取る部分、待つ時間など、少しでもプロセスに違いがあると、変な味になったり、食べられなくなってしまいます。

 

ねるねるねるねのようにシンプルなものはまだいいですが、ケーキやお寿司など、結構難易度の高いものも少なくありません。

 

この

  • 説明をしっかり読む(動画を見る)
  • 粉を入れる手順・分量・時間をしっかりと守って作る

というプロセスを、幼児が一人で行うのはちょっと大変です。

 

ここで、親が手順を教えたり、ヒントを伝えたりする事で、親子のコミュニケーションにもつながります。

 

また、合成着色料・保存料の不使用や、天然色素の使用のアピールなど、ケミカル感をできるだけ減らすアピールもしています。

 

また、「知育菓子」というつくるのにちょっと頭を使うお菓子ですよ、とアピールすることで、親も以前の「ザ・ケミカル」的なアピールよりは抵抗感が和らぎます。

 

こういうお菓子のリブランディングは見事だな、と感じます。

タイトルとURLをコピーしました