雇用保険の雇用調整助成金・休業支援金が9月まで延長!内容は?(6/14更新)

雇用調整助成金について、8月の延長後、中小企業の助成金が変更されるという懸念がありましたが、都内の緊急事態宣言の発表を受け、9月まで同じ条件で引き継がれることになりました。

10月以降、制度に対する見直しが入るかは、今後の流れや雇用保険財政のバランスなどを踏まえ決まると思われます。

スポンサーリンク

9月まで延長が決定された雇用調整助成金・休業支援金の内容

まず、雇用調整助成金についてです。

雇用調整助成金

中小企業 原則 一人当たり最大80%~90% 最大13,500円

地域特例・業況特例 一人当たり最大80%~100% 最大15,000円

大企業 原則 一人当たり最大3分の2~75% 最大 13,500円

地域特例・業況特例 一人当たり最大80%~100% 最大15,000円

地域特例

  • 緊急事態措置区域、まん延防止等重点措置実施区域
  • 施設における営業時間の短縮等に協力する事業主

業況特例

  • 生産指標が最近3か月の月平均で前年又は前々年同期比30%以上減少の全国の事業主

9月まで延長の休業支援金等

中小企業 原則 80% 最大9,900円

地域特例 80% 最大11,000円

大企業  原則 80% 最大9,900円(シフト制労働者等のみ対象)

地域特例 80% 最大11,000円

地域特例:雇用調整助成金と同様

ちなみに、上限額は、緊急事態宣言やまん防の月途中解除があっても、1カ月単位で適用されます。

 

10月以降については、雇用情勢などを踏まえ検討、8月中に通知があるそうですが、どこまで延長があるかは不明です。(現在の情勢を見ると、軽微な見直しはあり得るとしても、通常の制度へ戻すなど、大きな見直しは考えにくいと思いますが・・・。10月以降についても、おそらく現在の状況で見直しを行うと、大きな議論を呼ぶ恐れがあると思われますので。)

 

参照:9月以降の雇用調整助成金の特例措置等について

令和3年5月からの雇用調整助成金・休業支援金が全体の支援から状況に応じた支援に転換!その概要は?

 

 

タイトルとURLをコピーしました