Amazonアラート サービス番号: [19XXX]のようなフィッシングメールに注意を

相変わらずフィッシングメールが多く見られますが、今回きたメールは、日本語に不自然な点があるものの、ログインエラーを装い焦らせるフィッシングメールです。

 

”パスワードの入力は数回間違いました”という日本語が明らかに不自然ですが、悪い意味で大分日本語もこなれてきています。

 

お客様はウェブサイトでAmazon IDにログインした時にパスワードの入力は数回間違いました。
ログインの詳細 :
日付と時間:2019.12.XX XX:XX
ブラウザ:Chrome
オペレーティングシステム:Windows
IPアドレス:132.XXX.XXX.XXX
ロケーション:Brazil
最近Amazonへサインインを行ったことがなく、他者が違法にお客様のアカウントを使用していると考えられる場合は、確認を完了するには

続けるにはこちらをクリック
上記が問題でない場合は、このメールを無視してください。
お客様のセキュリティは弊社にとって非常に重要なものでございます。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

敬具
Amazon.co.jp
2019/12/XX
1577XXXXXX

個人情報の安全性お客様の情報が送信される際のセキュリティ確保のために、Amazon は、TLS (Transport Layer Security)という方式 を使って、入力された情報を暗号化します。 Amazon は、ご注文を確認する際に、お客様のクレジットカード番号の下4桁のみを表示します。なお、ご注文を処理する際、クレジットカード会社にはすべてのクレジットカード番号が送信されます。不正なアクセスからご自分のパスワードやコンピュータを保護するために、他人と共用しているコンピュータを使い終ったときには、必ずログアウトしてください。匿名加工情報特定の個人を識別することができないように個人情報を加工し、また当該個人情報を復元することができないようにした情報を匿名加工情報といいます。Amazonが継続的に作成する匿名加工情報には、以下が含まれます: 電子メールアドレス、名前、住所、カスタマーID、注文ID、セッションID。 第三者である広告主や他のWebサイトへのリンクについてはどうなっていますか?当サイトには第三者を広告主とする広告や他のウェブサイトへのリンクが含まれています。Amazon.co.jp の第三者の広告(インタレストベース広告またはパーソナライズド広告を含む)については、当サイトの「パーソナライズド広告規約」をお読みください。 お客様はどのような情報にアクセスできますか? Amazon は、お客様のアカウントおよびAmazon.co.jp との交信履歴に関する幅広い情報について、お客様が確認し、場合によっては更新するという目的に限り、アクセスすることを許可します。ページ下部の「お客様がアクセス可能な情報」で例をご覧ください。

 

これもフィッシングメールですので、クリックされないようご注意ください。

 

他のフィッシングメール事例については、下記にリンクまとめを掲載しております。

フィッシングメール事例まとめ
これまでに認知、あるいはセキュリティ関係のサイトなどでわかった迷惑メール・スパムメールのリンク一覧を掲載します。 なお、よくあるフィッシングメール事例は、一般社団法人 日本サイバー犯罪対策センターのページにもまとめられています...

 

詳しい対策や他のフィッシングメール・マルウェア対策はこちらへ。

情報窃取マルウェア・ウイルス・フィッシングメール対策で心がけるべき基礎

 

自分の個人情報が外部やダークウェブで漏れていないかを確認する4つの方法と漏れた場合の対策

 

タイトルとURLをコピーしました