Edge改良によるBingシフトに備え、Bing URL Submissions Pluginを追加

まだ存在はマイナーですが、一部の方は、Microsoft Edgeでデフォルト使用される、マイクロソフトの検索エンジン「Bing」のプラグインで、「Bing URL Submissions Plugin」が公開されました。

 

Bing URL Submissions PluginをWordpressからインストールするには、Bingという単語ではなく、「Bing URL Submissions Plugin」という単語で入力しないと、プラグインが検索に出現しません(2020年7月25日現在)。

 

プラグインの紹介ページにもあるとおり、作成をしたのはBingウェブマスターチームが当ツールを作成しているとのことです。

 

スポンサーリンク

Bing URL Submissions Pluginは何をしてくれるのか

Bing URL Submissions Pluginは、下記のことを自動的に行ってくれます。

 

  • WordPressサイトからBingインデックスにURLを自動送信
  • BingインデックスにURLを手動で送信
  • プラグインからの最近のURL送信のリストを確認可能
  • 送信に失敗しても再試行

という形で、サイト上の情報がBingに即反映できる形になります。

 

当然、Bing Webmaster Toolへの登録が必要になり、登録後、Webmaster toolの右上の歯車の部分から、APIキーを生成し、プラグインにAPIキーを貼り付ける必要があります。

 

BIngとGoogleでは検索の方向性も違い、Googleで上位に上がってきたワードがさほどアクセスを集めていない一方、Bingに関しては、「え、このワードがアクセスを集めるのか」という意外な発見があります。

 

そのため、GoogleサーチコンソールだけでなくBingウェブマスターツールも積極的に活用するとよいでしょう。

 

また、Edgeが動作エンジンを「Chromium」に変更し、以前に比べスピード・安定性が改良されたことから、Bingのシェアも今後増えていくことが予想されます。

 

今のうちに、Bing Webマスターツールも導入しておくことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました