昼食は炭水化物を抑え、食事のメモ・分析をすることは仕事のパフォーマンス向上に重要

現在、テレワークで仕事をしている方も多いと思いますが、子どもなどがいない状況だと自分だけの食事になり、食事作りに費やせる時間も限られるため、つい簡単なものになってしまう(冷凍・即席麺類・ごはんと簡単なおかずなど)人も多いと思います。

(あとは宅配サービス頼りとか・・・)

 

ここ数日間、食べた食事と仕事の集中具合などを比べて感じたのですが、「炭水化物多めの食事(カップ焼きそば・ご飯山盛りなど)と、「野菜・ヨーグルト・ご飯・軽めの惣菜」では、全然仕事の捗り方が違います。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、糖質(炭水化物)を大量に取ると、血糖値が上昇し、食後に急激な眠気が襲ってきやすくなります。

 

実際、日経doorsの、できる人は知っている、食後に眠くならない食べ方はという記事では、

 

寝不足ではないし、疲れているわけでもないのに、ランチの後は仕事中に眠くなって困る。あなたもそんな心当たりがありませんか?

その眠気をもたらしている犯人は、実は、ランチに食べている糖質の影響かもしれません。ごはん、パン、麺類、スイーツなどの主成分である糖質。

 

 

 

眠くならない食べ方のカギ、それは血糖値のコントロールです。

通常、食事をすると血糖値はゆるやかに上昇し、2~3時間でゆるやかに下がります。

ところが食後に眠くなる人の場合は、血糖値が急激に上昇し、それを元に戻そうとしてインスリン(血糖値を下げる働きのあるホルモン)が大量に分泌されるため、上がっていた血糖値が今度は急激に下がります。そうすると、イライラしたり眠気に襲われたりしやすいのです。

 

これを踏まえて、血糖値を急激に上げないための食事の原則として、

 

(1)糖質に偏らないように食べ方のバランスを考える

(2)たんぱく質や食物繊維と一緒に摂る(糖質を単体でとらない)

(3)食べる順番は、まず食物繊維の豊富な野菜から(ベジタブルファースト)

という点を提唱しています。

 

実際の食事例などについては記事をご覧いただきたいのですが、やはり単品炭水化物というメニューより、複合メニューの方が望ましいです。

 

実際、ある日に「大盛りのカップ焼きそばと少量の野菜」という構成の、炭水化物主体の食事をしたところ、午後に異様な眠気が・・・

 

このように、備忘録も兼ねて、「朝食や昼食などをメモ、その後の仕事のパフォーマンスについても記録しておくことで、「この食事は避けた方がいいな」というのが具体的にわかってきますので、メモはおすすめです。

 

やむを得ず急ぎで丼物・麺類などを食べる場合でも、ご飯・麺類の量を少なめにする、サラダなど野菜類をプラス一品するなど、忙しくても食事は軽視せず、できるだけバランスの取れた食事にすることは改めて重要と感じます。

 

タイトルとURLをコピーしました