人影の途絶えた空港駐車場、ブロックを超えた往来はいつ回復するか

休みに子供たちを連れ、空港近くの公園に立ち寄りました。

 

公園へ行く途中に、空港を通り過ぎると、いつもは満車の駐車場がガラガラに。

また、飛行機の離発着も全く、非常に閑散とした雰囲気になっていました。

 

空港近辺では、レンタカー・飲食店の店舗がありますが、どれも動きがない状況。

帰りに出入り口から出てくる人も皆無で、異常なまでに静まりかえった空港でした。

 

スポンサーリンク

地区単位のブロックでの往来は解禁されたが

担当者が住む地区では、ブロック内の県境での往来は解禁されましたので、隣県のナンバーをちらほら見るようになりました。

 

また、他県ナンバーの車にしても、「○○県在住です」とステッカーが貼ってあるなど、現在はあくまで近隣県の往来が大半のようです。

(たまに、遠隔地からの車もありますが・・・)

 

車自体の交通量も増え、県内での往来・消費は徐々に活発化しているようですが、やはり以前と比べるといろいろな意味で動きは鈍いように感じます。

 

スポンサーリンク

テレワーク慣れした人も少なくない?

これは会社の業務内容によるところが多いですが、テレワークが主体になった会社も少なからずあり、そのため「外へ出る」という習慣が、以前よりエネルギーを使うものになった人も少なくないかと思います。

 

また、家電量販店を見ると、Webカメラ・マイクなど在宅勤務用の機器が軒並み売り切れか値上げ。

Web会議への対応ニーズを感じます。

 

また、会社勤務の場合は、退社後の買物、食事などを普通にしていましたが、テレワークの場合は、ついで買いはできないため、必然的に休みを利用して買物に出るなど、「ちょっとした買物」の心理的ハードルは上がったように思います。

 

今後、どこまでテレワークが根付くかは不明確ですが、メインオフィス+サテライトオフィス・テレワークの流れは加速していくように感じます。

 

これが、都市一極集中ではなく、適切な分散化に繋がってくれればと感じます。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました