2021年版「暫定」GビズIDプライムアカウントの取得方法は?

小規模事業者持続化補助金、事業再構築補助金の募集が始まりました。

両方の申請においては、GビズIDプライムアカウントというアカウントの取得が必要になります。

GビズIDプライムアカウントは、J-Grants2.0という電子申請システム(J-Grants2.0はこちらで解説)を用いて取得する必要があるのですが、取得に関しては2~3週間かかります。

そのため、通常のGビズIDプライムアカウントの取得では、小規模事業者持続化補助金・事業再構築補助金申請の第一回の締め切りには間に合わない、というケースが想定されます。

 

そこで、暫定GビズIDプライムアカウントというアカウントを作成することで、暫定的に登録、申請手続を進め、同時に登録作業も行うことで、通常のGビズIDプライムアカウントに切り替える事ができるようになっています。

(なお、2回目以降の締め切りに関しては、この暫定措置が適用されるかわかりませんので、要項の確認をお願いします)

 

ただ、GビズIDプライムアカウント登録の画面を見ても、「暫定GビズIDプライムアカウント登録」という項目が見つからない・・・、と迷う方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、令和2年度第3次補正予算小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>のページを確認すると、PDFにこう申請して、という注意書きがあります。注意書きの部分をシンプルにこの後解説します。

 

スポンサーリンク

暫定GビズIDプライムアカウント取得の流れ

暫定GビズIDプライムアカウントを取得するのに必要な方法は、下記の通りです。

 

  1. G ビズ ID のトップページの「gBizID プライム作成」から、必要事項を記入する(通常のプライムアカウント登録時と同様。暫定GビズIDプライムアカウント専用の登録ボタンがあるわけではない
  2. 記載事項のうち「部署名」欄に「特定補助金専用」という文言を記入(部署名は記入せず、特定補助金専用という言葉のみ記載。かぎかっこ「」は付けない!)
  3. 採択発表後の交付決定までに通常のプライムアカウントを取得する必要あり。暫定プライムアカウントの取得後、速やかに暫定プライムアカウントの申請の際に作成した申請書を印字し押印の上、印鑑証明書・印鑑登録証明書とともに郵送

以上の方法で登録を行う必要があります。

暫定GビズIDプライムアカウント登録というところを探しそうになりますが、通常通りGビズIDプライムアカウントに登録し、部署名に「特定補助金専用」というキーワードを記載するという流れですね。

スポンサーリンク

既に通常のプライムアカウントの発行を申請し、締切までにアカウントの発行が間に合わないという場合は?

FAQによると、下記の流れとなります。

  • 一度GBizIDプライムアカウントの取得申請をしていても、再度、上記の作業により暫定プライムアカウントの発行申請を行う
  • 通常のプライムアカウントの申請についても進め、審査が完了した時点で先に発行された暫定プライムアカウントが通常プライムアカウントにアップグレードされる

そのため、GビズIDプライムアカウントの正式登録通知を事前に行っていたけど、申請時にまだ来ていない!という場合は、暫定GビズIDプライムアカウントの登録を行うようにしましょう。

申請書作成時は、暫定アカウントで大丈夫ですが、補助金申請時は正式なアカウントになっている必要があります。

 

そして、暫定GビズIDプライムアカウントの登録が終わったからと言って、書類を送らなくてもよいと言うわけではありません。

まず、登録申請書には、記入日として「データを入力した日付」を記入します。

 

登録時に「GBizIDプライム登録申請書」というPDFが発行されますので、ダウンロードして印刷、法人・個人事業主の事業形態に応じて各書類を取得・同封して送りましょう。

  • 法人→法人の印鑑登録書(法務局で取得)
  • 個人事業主・フリーランス→個人の印鑑登録証明書を市区町村役場(マイナンバーカードがある場合は、コンビニで取得可)
  • それぞれ押印面に同じ印鑑を捺印
  • 各印鑑証明を同封して送付

 

その他、書類送付時の注意点をリストにします。

  • 送付時は、日本郵便のサービスを使う民間の宅配会社は、郵便番号の関係でNG)、重要な書類が同封されているため、できれば簡易書留やレターパックなど、追跡が出来るサービスを使うのが確実
  • 申請書に誤りがあった場合、手書き修正をしても無効になるので、最初から入力し直す必要あり
  • 印鑑証明書・印鑑登録証明書はもちろん原本を
  • 印鑑証明書・印鑑登録証明書は発行後3ヶ月以内のものに限られる
  • 申請書に書かれているチェックシートも同封すること

以上の点に注意して、GビズIDプライムアカウントの登録申請書を郵送して下さい。

 

スポンサーリンク

その他、暫定GビズIDプライムアカウントに関する注意点は?

その他、暫定GビズIDプライムアカウントに関する注意点を説明書よくある問い合わせよりピックアップします。

  • 暫定プライムアカウントは、「事業再構築補助金」及び「小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)申請に限って利用可能
  • 実際に補助金の交付を受けるに当たっては通常のプライムアカウントが必要なため、正式なGビズIDプライムアカウントの登録も行うこと
  • G ビズ ID に登録済みのアカウント ID(メールアドレス)は利用不可
  • 同一人物(氏名・住所等の基本情報が同じ)による複数の申請は受け付けられない
  • G ビズ ID エントリーアカウントがある場合は、退会を行ってから、暫定プライムアカウントの発行申請を行う
  • 暫定プライムアカウントを作成したかったが、「部署名」に「特定補助金専用」を記入することなく申請してしまった場合はどうすればいいか→既に行った申請とは別に新たに暫定プライムアカウントを申請。その際、「部署名」に特定補助金専用の言葉を確実に記入すること
  • 暫定プライムを申請したが数営業日たっても承認メールが送られてこない場合は?→
    1.承認メールが迷惑メールフォルダに入っている可能性
    2. 同一アカウントIDが登録済である等の理由で否認された(このページから確認可能
    否認された場合はコールセンター 0570-023-797(平日 9:00~17:00)まで問い合わせを

 

以上、いろいろとややこしい部分がありますが、注意して登録手続を行ってみて下さい。

 




GビズIDプライムアカウントが関わる補助金関係のページは下記の通りです。

2021年4月16日公募開始!「小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」とは?

 

事業再構築補助金申請開始・事業予算1兆超え!制度の基本と指針・概要を整理

 

「Jグランツ2.0」経済産業省の新補助金申請システムがスタート!利用時に取得必須のGBizプライムID取得は2~3週間。事前取得の手続・必要書類・注意点は?

 

事業再構築補助金の指針となる、事業再構築指針の手引きを動画解説

 

補助金の返還などペナルティも?補助金活用における注意点を確認

 

タイトルとURLをコピーしました