自分の個人情報が外部やダークウェブで漏れていないかを確認する4つの方法と漏れた場合の対策

先日書いたChromeのパスワードが漏洩していますポップアップの記事で、「自分の個人情報はどこまで守れているのか、漏れているのか?という点が気になった人も多いでしょう。

 

今回は、自分の個人情報が漏洩していないか確認する方法やソフトウェア、パスワードを管理するソフトウェアについて紹介します。

 

スポンサーリンク

メールアドレスやパスワードの漏洩状況を調べたいときは、’;–have i been pwned?かbreach-detectionで

自身のメールアドレスとパスワードがセットで漏洩していないかを調べるときは、‘;–have i been pwned?というサイトが便利です。

 

HAVE I PASSWORD PWNED

 

漏洩している場合は、画面が赤色になり、どこの経路から漏れたか、どの情報が漏れたかを表示します。

 

週刊文春オンラインなど各種日本のサイトでも紹介されていますが、上記週刊文春オンラインではこう記されています。

 

ところで、ここまで読んでいただいた皆さんの中で、このサービス自体の安全性に問題はないのか、一切の疑問を持たなかった人は、この種の詐欺に引っかかりやすい傾向が、残念ながらやや高いと言えます。

なぜなら、こうした有益なサービスに偽装することにより、メールアドレスやパスワードを不正に収集する手口もまた、ネット上に存在するからです。無料でチェックできるという口車に乗って、安全性を確かめずにメールアドレスをホイホイと入力しているようでは、この先、自らパスワードを漏えいしてしまう危険が高いと言えます。

 

少々厳しいことを書きましたが、このサービスに限って言えば、運営者はMicrosoftのセキュリティ担当のスタッフであることを明かしていますし、これまで数年間に渡って運営され、何ら問題を起こしていませんので、一定の安全性は担保されていると考えられます。もちろん未来永劫にわたって保証できるわけではありませんが、少なくとも現段階では、信頼に値するサイトとみてよいでしょう。

 

このように、ID・パスワードを確認するという名目で運営しているサイトの中でも、全てが信頼できるわけではないと心得て、上記のようなサイトを利用する際は、運営者のバックグラウンドに関して注意する必要があるでしょう。

 

また、セキュリティ対策ツールのNorton社が提供する、breach-detectionでも、メールアドレスを入力すると漏れた情報が確認できます。

 

それで、もしメールアドレスやID・パスワードが漏れていたらどうするのか?という問題ですが、結論から言うと変更するしかありません。

また、二段階認証を有するサイトは、必ず二段階認証を設定しておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました