ニアショア開発・ラボ型開発

ニアショア開発・ラボ型開発

茨城県のニアショア開発の傾向

茨城県のニアショア開発の傾向 人材・アクセス・リソースなどに秀でた拠点 茨城県は、県庁所在地の水戸市の他、研究機関として突出した筑波大学の存在やつくばテクノパークなど多くの工業団地もあり、人材・リソース・場所など非常に確保しやすいニ...
2019.09.03
ニアショア開発・ラボ型開発

広島県のニアショア開発傾向

広島県のニアショア開発傾向 広島県も、東名阪との新幹線によるアクセス性や、広島市・福山市などの複数の主要都市の存在などから、ニアショア拠点の一つとして活用されています。 また、東京を本社とする企業のニアショア開発拠点...
2019.09.03
ニアショア開発・ラボ型開発

山口県のニアショア開発の傾向

山口県のニアショア開発の傾向 山口県は山陽新幹線の存在、比較的温暖な気候、災害の少なさに加え、西日本の中でもIT産業の集積が進んでいる福岡の隣に位置することもあり、ITシステム開発・Web制作会社は山口、下関、宇部など各地に多く存...
2019.09.03
ニアショア開発・ラボ型開発

岡山県のニアショア開発傾向

岡山県のニアショア開発傾向 岡山県は新幹線でのアクセスが良く、岡山市、倉敷市、福山市には停車駅があることから、都心や中京、関西地区との行き来も活発です。 また、温暖な気候や豊かな自然風土、災害の少なさなどもニアショア...
2019.09.03
ニアショア開発・ラボ型開発

鳥取県のニアショア開発傾向

鳥取県のニアショア開発傾向 鳥取県も、日本一人口が少ないなどのハンデを逆に活かそうと、ニアショア開発への取り組みが活発です。 鳥取は東部(鳥取)と西部(米子)でカラー・文化が異なります。東部はニアショア・自社開発双方に力を入...
2019.09.04
ニアショア開発・ラボ型開発

Rubyの聖地 島根県のニアショア開発の傾向

島根県のニアショア開発の傾向 島根県は、後述の鳥取県と並び、人口が日本で一番少ない地域です。しかし、ITに対する取り組み、理解は自治体・地域共に積極的です。Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏が松江市の名誉市民であることから、...
2021.04.03
ニアショア開発・ラボ型開発

愛媛県のニアショア開発の傾向

愛媛県のニアショア開発の傾向 愛媛県はIT全般を始め、ニアショア開発に関しても積極的な取り組みが目立ちます。 民間主導の愛媛ニアショア開発協議会のように、県のIT企業同士で連携したニアショア案件の受注活動が着...
2019.09.04
ニアショア開発・ラボ型開発

高知県のニアショア開発の傾向

高知県のニアショア開発の傾向 高知県は、中心部においてはニアショア開発よりも、自社システムの開発や地元などの官公庁・民間企業からのシステム開発受託、SIサービスの提供、スマホアプリ、Webサービス開発などを行う会社が目立つ傾向です...
2019.09.04
ニアショア開発・ラボ型開発

香川県のニアショア開発の傾向

香川県のニアショア開発の傾向 香川県も、IT全般事業に対し積極的な取り組みを行っています。 特徴的なのは、うどん県IT活用推進コンソーシアムとして、ITベンダーだけなく、県や金融機関、支援機関が連携し、県全体へのIT...
2019.09.04
ニアショア開発・ラボ型開発

徳島県のニアショア開発の傾向

徳島県のニアショア開発の傾向 前述の通り、徳島県はジャストシステムをはじめ、以前からIT・システム開発の事業者が多いです。 社歴が長い会社(1960年台など、相当以前から電算センターとして存在し、そのままIT業態...
2019.09.04
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました