香川県のニアショア開発の傾向

香川県のニアショア開発の傾向

 

香川県も、IT全般事業に対し積極的な取り組みを行っています。

 

特徴的なのは、うどん県IT活用推進コンソーシアムとして、ITベンダーだけなく、県や金融機関、支援機関が連携し、県全体へのIT導入の促進を図っている点です。

 

また、愛媛県IT推進協会のように、県のIT事業者が集まる団体も存在します。

 

ニアショア開発の受託について大きくアピールする事業者は少ないですが、都内のグループ会社などが受注したシステムをニアショアで開発したり、ラボ型ニアショア開発を行い、クライアントと長期的な関係を構築している事業者も存在します。

 

技術者の常駐派遣などを行う事業者が複数存在するほか、自社開発システムや、システム開発受託、また地域企業へのIT導入やRPAなどの業務効率化システムと支援など、県内・県外からの直接受注を受託する企業などが多い傾向です。

 

特に、香川は海に接する面積が多いことから、フェリーの予約システムや船員管理向けのシステムなど、地域に要されるシステムを開発している事業者もありますし、学校用のメールシステム、介護保険事業者向けシステムなど、様々なシステムがつくられています。

 

次は愛媛県のニアショア開発の傾向です。

愛媛県のニアショア開発の傾向

愛媛県のニアショア開発の傾向
愛媛県のニアショア開発の傾向 愛媛県はIT全般を始め、ニアショア開発に関しても積極的な取り組みが目立ちます。 民間主導の愛媛ニアショア開発協議会のように、県のIT企業同士で連携したニアショア案件の受注活動が着...

 

四国編はこちらです。

ニアショア開発会社群雄割拠・四国編

ニアショア開発会社群雄割拠・四国編
ニアショア会社群雄割拠・四国編(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)です。ニアショア開発ですが、四国は様々な分野のニアショア(BPO、コールセンター)事業を行う会社、都内等事業者のニアショア拠点としての拠点設立が目立ちます。

 

全国編はこちらです。

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版
ニアショア開発という選択肢がメジャーになり、 オフショア開発の欠点をカバー、そして全国にニアショア開発会社が増えてきた そもそもニアショアってなに? とか、 (関連記事はこのへんです) ...
タイトルとURLをコピーしました