神奈川県のニアショア開発の傾向

神奈川県のニアショア開発の傾向

神奈川県は千葉、埼玉と同様に、ニアショア受託を行う会社は目立ちにくい傾向です。

立地の面でもですし、開発そのものを受託したり、ニアショア・オフショア開発会社の拠点が神奈川にあるというケースが多く見られます。

 

スポンサーリンク

横浜・川崎に開発事業者が多い

 

また、川崎市や横浜市のみなとみらい地区にIT事業者が多く見受けられる傾向です。かながわサイエンスパークやKBICなど、科学・IT開発のための拠点も存在します。元々川崎市がもの作り、ITで栄えていること、楽天が二子玉川駅で神奈川との県境にあることも大きいといえましょう。また、横浜市のみなとみらい地区などもにIT事業者が多く存在します。

 

スポンサーリンク

鎌倉・湘南などにも独特な開発企業が目立つ

 

さらに横浜から足を伸ばすと、湘南・鎌倉地区に、独特の個性を持つIT企業が集積しています。

こちらはニアショアというより、ゆったりした環境の中で、独自のプロダクトを造っていく会社が目立つ印象です。

 

 

ニアショア開発会社群雄割拠 関東編

ニアショア開発会社群雄割拠 関東編
ニアショア開発群雄割拠 関東編(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)として、関東地区のニアショア事業者や、IT開発事業者の傾向をまとめております。

 

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版
ニアショア開発という選択肢がメジャーになり、 オフショア開発の欠点をカバー、そして全国にニアショア開発会社が増えてきた そもそもニアショアってなに? とか、 (関連記事はこのへんです) ...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました