群馬県のニアショア開発の傾向

群馬県のニアショア開発の傾向

 

群馬県はもともとものづくり産業や農業が強く、ITについても、次世代自動車・ロボット・エネルギーなどの次世代産業と絡めたIT開発等が目立ちます

また、地場産業のSIとして受託開発を行う事業者、製造業向けのパッケージ開発を行う事業者、地元の事業者向けにホームページ制作を行う会社など、地元の経済圏に向けてビジネスを行うIT事業者が多いです。

また、群馬県の事業者のホームページを見て特徴的なのは、パッケージ開発にしても、ホームページ制作などにしても、特定の業種向けのシステムやHPなど、業種特化型のプロダクトを作っている会社が多く見受けられます。

理美容などのサロン向けシステムや、ホテル向けのシステム、学校法人向けパッケージシステム、電子帳票システム、会計事務所など士業事務所向けのホームページ、地元の進学情報ポータルなど、業務受託と自社開発、また会社によっては、既存システムやHPに対するセカンドオピニオンを提案する会社もあります。

一方、ニアショアを打ち出している事業者も、数こそ多くはないですが、規模は大きいです。

高崎を拠点にSIer事業に加え、ニアショア開発・オフショア開発に300名規模の人員を置く法人、神奈川に本社を置き、高崎にニアショア拠点を置く会社も存在します。

群馬県に関しては、自社プロダクトの開発、受託開発からシステム開発からニアショア開発、IT導入、コンサルティングまで、幅が広い印象です。

 

 

 

ニアショア開発会社群雄割拠 関東編

ニアショア開発会社群雄割拠 関東編
ニアショア開発群雄割拠 関東編(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)として、関東地区のニアショア事業者や、IT開発事業者の傾向をまとめております。

 

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版
ニアショア開発という選択肢がメジャーになり、 オフショア開発の欠点をカバー、そして全国にニアショア開発会社が増えてきた そもそもニアショアってなに? とか、 (関連記事はこのへんです) ...
タイトルとURLをコピーしました