埼玉県のニアショア開発の傾向

埼玉県のニアショア開発の傾向

 

埼玉県は都内に近いため、ニアショアを強調している事業者はさほど目立たないように見受けられます。

 

ネットワーク・インフラ構築や業務開発、チャットボットなどの自社ソフトウェア、モバイルアプリ開発、コンサルティング、光線路や崩落、門扉の監視システムのような独自サービス、SIC(システムインテグレーションセンター)構築、既存システムを最新のものに移し替えるマイグレーション、AWS(Amazon Web Service)などクラウドサービスを用いたシステム構築、Tabelau(タブロー)を用いたBI(ビジネスインテリジェンス・企業データを用いた経営分析)など、ニアショアの受託よりも自社開発サービスやシステム開発の受託が大きく目立つ傾向です。

 

また、埼玉県やさいたま市などの自治体も、産学連携や先端産業創造プロジェクトという形でドローン活用、スマートモビリティ、医療イノベーションなど、新分野の開発に力を入れている印象です。

 

 

 

ニアショア開発会社群雄割拠 関東編

ニアショア開発会社群雄割拠 関東編
ニアショア開発群雄割拠 関東編(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)として、関東地区のニアショア事業者や、IT開発事業者の傾向をまとめております。

 

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版
ニアショア開発という選択肢がメジャーになり、 オフショア開発の欠点をカバー、そして全国にニアショア開発会社が増えてきた そもそもニアショアってなに? とか、 (関連記事はこのへんです) ...

 

タイトルとURLをコピーしました