東京都のニアショア開発の傾向

東京都のニアショア開発の傾向

 

東京都はニアショア受託の上流拠点が多くあり、有力なニアショア会社の多くが、東京営業所・東京本社などの形でオフィスを構えていています。

場所としては、港区・品川区を中心とし、IT企業が多く集まる品川・五反田(五反田バレー)・渋谷・六本木・大崎・新橋・浜松町・渋谷区・文京区などが、陸路でも空路でも各地方とのアクセスが良いことから、ニアショア開発の上流拠点として選ばれる傾向があります。

それぞれの会社がニアショア開発拠点を有する地域は、沖縄・福岡・広島・島根・大分・仙台・鳥取・札幌・長野・香川・岡山など多種多様です。

ニアショアを受託する事業者も、都内や海外の最新技術にキャッチアップしたり、都内の経営者・技術者同士で対面のコミュニケーションにより得た知見をニアショア先にフィードバックする必要性を実感しているのでしょうか、ニアショア事業者が都内中心部に事業所を置くケースは多いです。

 

 

 

ニアショア開発会社群雄割拠 関東編

ニアショア開発会社群雄割拠 関東編
ニアショア開発群雄割拠 関東編(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)として、関東地区のニアショア事業者や、IT開発事業者の傾向をまとめております。

 

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版

ニアショア開発会社 群雄割拠 全国版
ニアショア開発という選択肢がメジャーになり、 オフショア開発の欠点をカバー、そして全国にニアショア開発会社が増えてきた そもそもニアショアってなに? とか、 (関連記事はこのへんです) ...
タイトルとURLをコピーしました