サミュエル・スマイルズの自助論で考える、「天は自ら助くる者を助く」

経営・意思決定層において、自身が動くことが必要という「自助」(それに加え決断)の考えは重要な要素です。

 

今回は、サミュエル・スマイルズの「自助論」の要点をまとめます。

 

 

スポンサーリンク

国がなんとかしてくれる、国が悪いとばかり、他に責任を転嫁する非生産的行為

SNSなどをみると、国が悪い、大企業が悪いなどという人をたまに見かけることがあります。

 

このような「他責思考」の対極にあるのが、「自助の考え」です。

 

確かに問題、課題や重要なことを指摘すること、問題をただしていくことが悪いわけではないですが、それより先に、自分や身の回りを助けていくことの方が、より生産的ではないでしょうか。

 

「天は自ら助くる者を助く」 この格言は、幾多の試練を経て現代にまで語り継がれてきた。その短い言葉には、人間の数限りない経験から導き出された一つの真理がはっきりと示されている。自助の精神は、人間が真の成長を遂げるための礎である。自助の精神が多くの人々の生活に根づくなら、それは活力にあふれた強い国家を築く原動力ともなるだろう

福沢諭吉先生が、「天は自ら助くる者を助く」という言葉を翻訳し、日本に広めたと言われています。

 

「国が、社会がどうにかして」ではなく、自分たちでできるだけどうにかする、「自助の精神」は、時代を問わず重要なことと言えましょう。

 

また、外部からの援助についても、

 

外部からの援助は人間を弱くする。自分で自分を助けようとする精神こそ、その人間をいつまでも励まし、元気づける。その人のために良かれと思って援助の手を差し伸べても、相手はかえって自立の気持ちを失い、その必要性をも忘れるだろう。

とあります。

 

よく、「貧しい人には魚を与えよではなく、魚の釣り方を与えよ」という話がありますが、援助をもらい続けることだけでいると、そのうち援助してもらうのが当たり前の受け身体質になってしまう・・。

 

そうならないよう、最初は最小限の生活ケアは必要にしても、そこから自律できるように、「魚の釣り方」、つまり、仕事・収入などの得かたを伝えることこそが、長期的にみて本人のためになるといえましょう。

 

政治とは、国民の考えや行動の反映にすぎない。どんなに高い理想を掲げても、国民がそれについていけなければ、政治は国民のレベルにまで引き下げられる。逆に、国民が優秀であれば、いくらひどい政治でも、いつしか国民のレベルにまで引き上げられる。つまり、国民全体の質がその国の政治の質を決定するのだ。

この文章は、非常に考えさせられる物があります。

 

国・官公庁が必死に政策を考えても、ささいなことをあげつらい、足を引っ張るばかりの国民や、理解せず反対ばかりをする国民ばかりであっては、正しい政策決定につながりませんし、逆に「これはおかしい」という根本的な部分を指摘しなかったり、無関心というのも問題です。

 

スポンサーリンク

人間を完成させるのは、読書ではなく労働だ

本書の中で、読書と労働に関するくだりがあります。

 

人間は、読書ではなく労働によって自己を完成させる。つまり、人間を向上させるのは文学ではなく生活であり、学問ではなく行動であり、そして伝記ではなくその人の人間性なのである。

 

つまり、本を読んで偉い気になってはならない、労働・行動・生活こそが大事であるということ。

 

一方で、伝記などは、一種の精神高揚や心の糧となりうることも示しています。

 

そうはいっても、すぐれた人物の伝記には確かに学ぶところが多く、生きていく指針として、また心を奮い立たせる糧として役立つ。立派な人間性を持った人物は、自助の精神や目的へ 邁進 する忍耐力、めざす仕事をやり抜こうとする気力、そして終生変わらぬ誠実さを兼ね備えている。 伝記は、このような貴重な人間の生涯をわかりやすい言葉で伝え、われわれが目標を成し遂げるには何が必要かをはっきり示してくれる。また、主人公が恵まれない環境から身を起こして名誉や名声を勝ち得るまでの歩みが生き生きと描かれ、読む者に自尊心や自信の大切さを痛感(中略)

 

きわめて貧しい境遇にもかかわらず最高の地位に上りつめた人物の例を見れば、どんなにきびしく克服しがたいような困難でさえ、人間が成功する上での障害とはならないと、はっきりわかる。多くの場合、このような困難は逆に人を助ける。つまり、貧苦に耐えて働こうという意欲も起きるし、困難に直面しなければ眠ったままになってしまう

 

このように、伝記などの読書は、厳しい状況にあっても、self-helpの精神があれば、逆に糧となり得ることを伝えてくれるケーススタディでもあります。

 

本書には、苦難を超え、勝利を勝ち取った人間が、

「一志をもって万事を成し得べし」という格言を見事に証明している

とも記しています。

 

このように、本書は、自助の精神、自分で何とかしようとし、努力することの大切さを、様々な形で記しています。

 

興味深い内容として、

  • 人間の優劣は、その人がどれだけ精一杯努力してきたかで決まる。怠け者は、どんな分野にしろ、すぐれた業績を上げることなどとうていできない。
  • 骨身を惜しまず学び働く以外に、自分をみがき、知性を向上させ、ビジネスに成功する道はない
  • 莫大な資産価値を持つ土地は、親から譲り受けられるかもしれない。しかし、知識や分別は、そうはいかない。
  • いつの時代も、われわれの社会は、貧困から身を起こした人々から大きな恩恵を受けてきた。その点を考えれば、人間の最高の教育には富や安定が不可欠だという説がまちがっていることは一目瞭然
  • フランシス・ベーコンは 「人は、自らの富も自らの能力も正しく理解していない。富については必要以上にすばらしいものだと信じる反面、人間の能力はさほど偉大なものだと思っていない。自らの富を否定し、自らの力のみを信頼できる人間だけが、自分の水桶から水を飲み、自分のパンを食べる方法を学ぶ。」としている

 

ただ、自助といっても、全て自分でなんとかするのではなく、適切な範囲で援助を受ける、助力を請うことを否定しているわけでありません。

  • 詩人ワーズワースは、「依存心と独立心、つまり、他人をあてにすることと自分に頼ること――この二つは一見矛盾したもののように思える。だが、両者は手を携えて進んでいかねばならない」

 

これを踏まえ、

  • 自分の幸福や成功については、あくまでも自分自身が責任を持たねばならない
  • どんなに立派で賢い人間でも他人から大きな恩恵を受けている。だが、本来の姿からいえば、われわれは自らが自らに対して最良の援助者にならなければいけない

と記しています。

 

つまり、「最後はやはり自分自身が自分の支援者だよ」、としているのです。

 

他にも興味深い項目をピックアップしていきましょう。

  • 政治家として名高かったイギリスのロバート・ピールは、非凡な才能こそ持ち合わせていなかったが、小さいころのしつけと反復練習のおかげで栄光の地位を勝ち得た。初めはさしたる進歩も見られなかったが、コツコツと訓練を続けるうちに集中力が高まり、ついには説法を一字一句まちがえずに復唱できるまでに進歩した。
  • 「いかにして待つかを知ること、これこそ成功の最大の要諦である」とし、成果の早急な刈り取りに対し慎重な意見を示す
  • 「時間と忍耐は、桑の葉をシュス(サテン)に変える」ものなのだ。 根気強く待つ間も、快活さを失ってはならない。
  • 経済学者アダム・スミスは、研究に専心し、『国富論』を著して社会改良の種をまいた。だが、彼の研究が社会で実を結ぶには、その後、七十年もの歳月が必要だった。そして今日に至っても、彼の学問の成果がすべて刈り取られたとはいえないだろう。 しかし、どんな逆境にあっても希望を失ってはならない。いったん希望を失えば、何ものをもってしてもそれに代えることはできない。しかも、希望を捨てた人間は人間性まで堕落してしまう
  • 堅忍不抜の精神は、何ものにも代えがたい貴重な資質である。著名な発明家の生涯には、この精神が脈々と息づいている。(として、スチーブンソンの蒸気機関車、ワットの蒸気機関改良のエピソードを記す)
  • 「天才とは忍耐なり」と述べたフランスの博物学者ビュフォンは、自然科学の分野で偉大な業績を収めたが、若いころはむしろ月並みな能力しかない凡人と見なされていた。裕福な家庭であったが、楽しいことではなく、自己修養に励み、四十年間にわたって朝の九時から午後二時まで勉強し、夕方はまた五時から九時まで机に向かうという生活を続けた。毎日時間を決めて学問に打ちこんでいるうちに、学問を完全に習慣として身につけた
  • 秩序立てて仕事をすることを知らない人間は、いかに天賦の才に恵まれていようと、その才能の四分の三は浪費しているも同然
  • 「〝天才とは、一つの問題に深く没頭した結果生まれるものだ〟
  • ウォルター・スコットは、父の法律事務所で書写というルーチンワークをしていたが、毎日がうんざりするような仕事のくりかえしだったため、自分自身の時間が持てる夜の間は深夜まで読書と勉強に専心、「われわれ文学者には勤勉な態度というものがしばしば欠けているが、それを身につけることができたのも、退屈な事務所勤めのおかげだった」としている。また、自信が実務家であることを誇りにし、「天才は日常のありふれた仕事を嫌い、軽蔑するものだ」という言説に正面から異を唱え、ありふれた仕事をきちんと果たすことが、人間の能力向上につながるとした

このように、興味深いエピソードが多いです。

 

無知の知

最後に、物事を深く学べば学ぶほど、軽々にそのことを「知っている」とは言えなくなる、逆に生半可な知識を持った人が「ああそれ知ってるよ」と言いがちな、「無知の知」についても言及しています。

  • 浅はかな人間(や、少しかじった人)は、ものごとの本質を理解することなく、生半可なうわべの知識を得ただけで自らの才能を誇ろうとする
  • 賢明な人間のほうが、「私は自分が無知であることを知っているにすぎない」と進んで認めるものである
  • ニュートンでさえ、「目の前には手も触れられていない真理の大海原が横たわっているが、私はその浜辺で貝がらを拾い集めているにすぎない」と語っている

 

と、いかに、無知の知というものが昔からあるものなのかが語られています。

 

物事の探求にしても、ビジネスにしても、軽々に「知っている」ということは、必ずしもよいとはいえない、物事を知れば知るほど、「知っている」といえなくなる、ということを、強く感じます。

 

興味深いエピソードが多く、ぜひご一読をおすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました