Google nest hubの29カ国語対応翻訳機能と対応言語とは

スマートディスプレイ Google nest hubの翻訳機能と使いやすさの向上はこれからに期待。毎月のランニングコストがかからないのと、対応言語・精度が向上する可能性があるのは大きなメリット

 

先日発売されたスマートスピーカー機能を備えたスマートディスプレイのGoogle nest hub、翻訳機能が充実しているということで、インバウンドを受け入れる店舗の経営者にとって便利ではないか、と思って、担当者個人で導入してみました。

 

GOOGLE NEST HUB 翻訳

(Google nest hub 公式サイト)

Google Nest Hub
Control all your smart devices on one home display or with your voice.

 

スポンサーリンク

Google nest hubの翻訳機能は、2019年6月時点で29カ国の言語に対応。(今後増える可能性あり)

英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ポルトガル語・インドのヒンディー語など、幅広い言語に対応してくれます。

 

実際に起動するには、

「OK Google 、翻訳モードをオンにして」

とか

「OK、Google、ベトナム語を通訳して」

など発話すると、

「では、はじめましょう」と、通訳モードに入ります。

 

ただ、十数秒程度途切れると、「翻訳する内容がわからないため、翻訳を終了します」と、

途中で終了してしまうので、途中終了の時間が指定できるとより使い勝手がいいですね。

 

Google nest hubの翻訳機能は、何カ国語に対応しているのか?

Googleの公式ヘルプによると、現在の所、29カ国語に対応しています。

 

  • アラビア語
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • フィリピン(タガログ語)
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ人語
  • ギリシャ語
  • ヒンディー語
  • ハンガリー語
  • インドネシア語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • 北京語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ルーマニア語
  • ロシア語
  • スロバキア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • タイ語
  • トルコ語
  • ウクライナ語
  • ベトナム語

 

70種以上に対応する携帯翻訳機があることを考えると、より今後の対応言語数が増えて欲しいとは思いますが、対応言語数自体は今後も増えていく可能性が高いでしょう。

また、自分が話した会話が画面に出てきたり、お互いの言語がディスプレイに表示されるので、両方の話に違いがないかも容易に確認できます。

 

英語翻訳の場合

nest hub 英語

 

もちろん、相手が英語で話すと日本語に翻訳してくれます。

 

ちょっと間が開くと、「おはなしください」など発話を促されます。

 

翻訳の精度については、機械翻訳としてはいいと思いますが、やはり誤訳をすることもあり、会話補助という位置づけくらいに見ておいた方がいいでしょう。

 

あわせて、利用して感じたのは、音声重視の操作体系になっているので、(ボタンを押すなど、タッチ操作の体系ではなく、音声で起動する)最初は慣れないとちょっと使いにくいかな、という感じです。

 

また、ポータブルではなく据え置き型なので、どこでも使えることを重視される場合は、携帯型翻訳機などの方が便利でしょう。

 

ただ、対応言語の幅の広さや、画面に表示が出てくること、毎月の費用などがかからないことは、メリットです。

受付、売場に設置し、インバウンド顧客対応の一つの手段として使うのはぴったりで、今後注目されるかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました