「キャッシュアウト」サービスのネーミング

先日、twitterのタイムラインで、駅の券売機から現金を引き出せる「キャッシュアウト」というサービスが、このネーミングは・・・・という意見が出ていました。

高広伯彦 主にマーケティングや事業開発の世界で実務と研究を行き来したり山を登ったり走ったりしてます on Twitter
“なんでこんな名称にしたの。。。”

経営者の方にとっては、「キャッシュアウト」といえば、節税とか株式交換、資金流出というイメージ。

 

海外では、レジなどで現金を引き出せる、cash-back、cash-outというサービスが普及していおり、cash-backというと、日本では払ったお金が戻ってくるというサービスが定着しているので、cash-outというネーミングにしたことも考えられますが、経営者の方にとっては、違和感を感じるネーミングですよね・・

 

また、キャッシュアウトという名前も、直感的に何のサービスかわかりにくいです。

 

例えば、レジで現金が引き出せるなら「レジダス」とか、東急のように駅の券売機で引き出せるなら「エキダス」とか、短く、インパクトに残り、何のサービスか想像しやすいネーミングというのは重要と思います。

 

特に現金を使いそうな高齢者層には「キャッシュアウトサービスが使えますよ」と言われても、「?」マークがつくでしょう。

 

あるいはベタでも、「レジ現金引き出しサービス」とか。

 

レジや駅の券売機を活用できる便利なサービスではあるので、だからこそわかりやすいネーミングを、と感じます。

タイトルとURLをコピーしました