RPA

後任者には使いにくい「神Excel」事例に学ぶ、「野良RPA」を防ぐための3つの注意点

引き継ぎ者には使いにくい「神Excel」事例に学ぶ、「野良RPA」を防ぐための3つの注意点について記述しました
2020.10.12
CRM

改めて復習したい、CRMとは?そしてCRMのメリットとLTV(顧客生涯価値)の関係は?

CRMとは?そしてCRMのメリットとLTV(顧客生涯価値)の関係は? CRMという言葉自体は、経営者の方であれば皆様御存知だと思います。 改めて、CRMという言葉の定義を踏まえ、どう営業、経営などに関わっていくかということも...
2019.09.02
起業・経営

キャッシュレス導入で失敗しないための、注意すべき4つのポイントとは?

キャッシュレス導入で失敗しないための、注意すべき4つのポイントとは? 全国でキャッシュレスサービス、キャッシュレス対応システムの普及が始まっています。 ただ、小売店や飲食店だと、「自分のところは使うメリットがある...
2019.09.02
コラム

お店目線で見た、使えるキャッシュレス決済の条件とは?

お店目線で見た、使えるキャッシュレス決済の条件とは? この1年近くで、Line Pay、Paypay、ファミペイ、Amazon Pay、Pring、origami pay、楽天PayなどあらゆるQRコード決済が登場していま...
2019.08.01
コラム

人をコストとして扱うか、それともタレント(才能)としてみるか

日経ビジネス2019年7月8日号の巻末コラム 「賢人の警鐘」に興味深いトピックがありました。 中心に置かれていた言葉は、 「性別や年齢にとらわれず まず従業員の人格を認めることが不可欠だ」 ...
2019.08.01
ニアショア開発・ラボ型開発

神奈川県のニアショア開発の傾向

神奈川県のニアショア開発の傾向 神奈川県は千葉、埼玉と同様に、ニアショア受託を行う会社は目立ちにくい傾向です。 立地の面でもですし、開発そのものを受託したり、ニアショア・オフショア開発会社の拠点が神奈川にあるというケースが多く見られ...
2019.09.02
ニアショア開発・ラボ型開発

東京都のニアショア開発の傾向

東京都のニアショア開発の傾向 東京都はニアショア受託の上流拠点が多くあり、有力なニアショア会社の多くが、東京営業所・東京本社などの形でオフィスを構えていています。 場所としては、港区・品川区を中心とし、IT企業が多く集まる品...
2019.09.02
ニアショア開発・ラボ型開発

千葉県のニアショア開発の傾向

千葉県のニアショア開発の傾向 千葉県は隣接していることもあり、ニアショア開発そのものを行う会社は少なく、東京・千葉にニアショアの受注拠点を置き、開発は地方のニアショア開発拠点と連携して行う会社が多く見受けられます。 ニアショア開発を...
2019.09.02
ニアショア開発・ラボ型開発

埼玉県のニアショア開発の傾向

埼玉県のニアショア開発の傾向 埼玉県は都内に近いため、ニアショアを強調している事業者はさほど目立たないように見受けられます。 ネットワーク・インフラ構築や業務開発、チャットボットなどの自社ソフトウェア、モバイルアプリ...
2019.09.02
ニアショア開発・ラボ型開発

群馬県のニアショア開発の傾向

群馬県のニアショア開発の傾向 群馬県はもともとものづくり産業や農業が強く、ITについても、次世代自動車・ロボット・エネルギーなどの次世代産業と絡めたIT開発等が目立ちます。 また、地場産業のSIとして受託開発を行う事業者、製...
2019.09.02
ニアショア開発・ラボ型開発

茨城県のニアショア開発の傾向

茨城県のニアショア開発の傾向 人材・アクセス・リソースなどに秀でた拠点 茨城県は、県庁所在地の水戸市の他、研究機関として突出した筑波大学の存在やつくばテクノパークなど多くの工業団地もあり、人材・リソース・場所など非常に確保しやすいニ...
2019.09.03
コラム

実験思考と高崎高島屋から考える、つながりにお金を払うという仮説

実験思考という書籍が1億を集めた事例と、7年連続増収の高崎高島屋から考える、合理化・集約化が進むと、人はちょっとした非合理を許容し、つながりにお金を払うようになるのではという仮説 地方・経営というテーマでいろいろと考えていると、購...
2019.09.03
ニアショア開発・ラボ型開発

広島県のニアショア開発傾向

広島県のニアショア開発傾向 広島県も、東名阪との新幹線によるアクセス性や、広島市・福山市などの複数の主要都市の存在などから、ニアショア拠点の一つとして活用されています。 また、東京を本社とする企業のニアショア開発拠点...
2019.09.03
ニアショア開発・ラボ型開発

山口県のニアショア開発の傾向

山口県のニアショア開発の傾向 山口県は山陽新幹線の存在、比較的温暖な気候、災害の少なさに加え、西日本の中でもIT産業の集積が進んでいる福岡の隣に位置することもあり、ITシステム開発・Web制作会社は山口、下関、宇部など各地に多く存...
2019.09.03
ニアショア開発・ラボ型開発

岡山県のニアショア開発傾向

岡山県のニアショア開発傾向 岡山県は新幹線でのアクセスが良く、岡山市、倉敷市、福山市には停車駅があることから、都心や中京、関西地区との行き来も活発です。 また、温暖な気候や豊かな自然風土、災害の少なさなどもニアショア...
2019.09.03
ニアショア開発・ラボ型開発

鳥取県のニアショア開発傾向

鳥取県のニアショア開発傾向 鳥取県も、日本一人口が少ないなどのハンデを逆に活かそうと、ニアショア開発への取り組みが活発です。 鳥取は東部(鳥取)と西部(米子)でカラー・文化が異なります。東部はニアショア・自社開発双方に力を入...
2019.09.04
ニアショア開発・ラボ型開発

Rubyの聖地 島根県のニアショア開発の傾向

島根県のニアショア開発の傾向 島根県は、後述の鳥取県と並び、人口が日本で一番少ない地域です。しかし、ITに対する取り組み、理解は自治体・地域共に積極的です。Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏が松江市の名誉市民であることから、...
2021.04.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました