ニアショア開発・ラボ型開発

高知県のニアショア開発の傾向

高知県のニアショア開発の傾向 高知県は、中心部においてはニアショア開発よりも、自社システムの開発や地元などの官公庁・民間企業からのシステム開発受託、SIサービスの提供、スマホアプリ、Webサービス開発などを行う会社が目立つ傾向です...
2019.09.04
ニアショア開発・ラボ型開発

香川県のニアショア開発の傾向

香川県のニアショア開発の傾向 香川県も、IT全般事業に対し積極的な取り組みを行っています。 特徴的なのは、うどん県IT活用推進コンソーシアムとして、ITベンダーだけなく、県や金融機関、支援機関が連携し、県全体へのIT...
2019.09.04
ニアショア開発・ラボ型開発

徳島県のニアショア開発の傾向

徳島県のニアショア開発の傾向 前述の通り、徳島県はジャストシステムをはじめ、以前からIT・システム開発の事業者が多いです。 社歴が長い会社(1960年台など、相当以前から電算センターとして存在し、そのままIT業態...
2019.09.04
ニアショア開発・ラボ型開発

ニアショア開発会社群雄割拠・四国編

ニアショア会社群雄割拠・四国編(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)です。ニアショア開発ですが、四国は様々な分野のニアショア(BPO、コールセンター)事業を行う会社、都内等事業者のニアショア拠点としての拠点設立が目立ちます。
2019.09.04
起業・経営

サービス開発と受託ビジネス。起業時に採るべき手段はどっち?

先日の記事でも受託ビジネスと自社開発ビジネスの両立を考える、キャッシュエンジン経営について言及しましたが、先日twitterの書き込みに、こういう文章がありました。 ”ビジネスモデルに自信のない方は手始めに営業代行、コンサル、受託...
2019.10.16
コラム

なぜUber eatsはあっという間に日本で定着した?

ご存知の方も多いと思いますが、Uberという、他社の車をタクシー代わりに使えるwebサービスがあります。あわせて、近年日本でメジャーになった、Uber eatsという食事の宅配サービスがあります。 どちらも、スマホ上から呼び出...
2019.09.04
起業・経営

受託・企業との継続取引の、安定収入以外のメリットとは?

前回のキャッシュエンジン経営の話を受けて、受託業務、加えて企業との継続取引がいかに得るものが大きいかについても触れます。 受託業務で得られるのは、安定した売上と、企業から業務を受託し、完結させた実績と経験 どうしても、起...
2019.07.25
起業・経営

受託で着実・堅実に売上げる、キャッシュエンジン経営の大切さ

都市・地方どこであっても、経営を安定させるには、人間の血液にあたる「お金」の流れ、そしてお金が出る量よりも「入る」量を多くする考えが重要になります。 たとえ、いくら素晴らしいプロダクトを作ろうとしても、手元現金がゼロになってし...
2019.09.04
コラム

Google nest hubはラジコ対応、ストリーミングも

以前当サイトで紹介したGoogle nest hubですが、ラジオ代わりにも使えるメリットがあります。 ラジオ機能以外にも、Spotify、AWA、Youtube music、Google play Musicにも対応しており、歌詞表...
2019.07.25
財務

短期サイクルでみる売上管理・月次決算

売り上げ・利益は書類上は黒字なのに、手元の現預金がないため黒字倒産になる事態を回避するには?キーワードは、「先払い・毎月のキャッシュフローの見える化」 経営を考える上で忘れてはならないのは、「帳簿上の黒字=手元の現預金が黒字という...
2019.10.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました