支援資金・助成金・補助金・給付金の違いとは?改めて整理

現在、国や地方自治体、その他団体が様々な企業・事業主・個人のための支援制度を作っていますが、名称も、支援金・助成金・補助金・給付金と様々な名称があり、完全にもらえるものから、一部補助という形となるものまで多様です。

 

例えば、日本政策金融公庫の「○○支援資金」は、あくまでお金を支援、もらえるというものではなく、利息を軽減してくれるものです。

 

このように、それぞれ名称で違いがあるので、簡単に整理しましょう。

 

スポンサーリンク

給付金とは?

給付金は、

  • 基本的に個人向けのもの
  • 条件を満たし、申請をすれば受給できる、「返済の必要のないお金」

と考えておくとよいでしょう。

たとえば、住まいを失った人向けの住居確保給付金や、失業給付はわかりやすい例です。

 

スポンサーリンク

助成金とは?

助成金も、返済の必要がないという点では同じです。

ただし、

  • 一定条件に当てはまれば原則支給される
  • 厚生労働省が所管するもの(雇用調整助成金など)が大半
  • 補助金は、「あることにお金を使ってから補助することが前提のケースが多い」が、助成金は使わなくても補助がある
  • 法人税の課税対象となる

などあり、特に厚生労働省の人や雇用環境に関する助成が多いです。

スポンサーリンク

補助金とは?

補助金は、厚生労働省以外の各公的機関等が行う支援策です。

  • 申請すれば必ず受給できるというワケではない
  • 特定の用途・事業のために請求できる
  • 費用の全額を負担してくれるケースより、半分など、一定割合の補助のケースが多い
  • 審査が厳しい補助金もある
  • 作成する書類が煩雑
  • 受給後、報告の必要がある
  • 法人税の課税対象となる

などの特徴があります。

スポンサーリンク

支援資金とは?

支援というと、赤十字の支援金など、支援を求める団体に対して寄付されるというイメージがあるので、「もらえるもの」と勘違いしがちです。

しかし、地方自治体や各種公的団体の制度では、

  • 総合支援資金貸付(社会福祉協議会)
  • 再挑戦支援資金(日本政策金融公庫)
  • 事業承継・集約・活性化支援資金(公庫)
  • 働き方改革推進支援資金(公庫)

など、あくまで貸付で、ただその分利子を優遇しますよ、という仕組みとなっています。

 

そのため、「支援資金」という響きから、「もらえるもの」と勘違いしないよう注意が必要です。

 

また、どの給付も、虚偽などがある場合、返済の義務が生じるので注意が必要です。

↓例えばこれ!

持続化給付金の不正受給には徹底的に厳しい対応・罰則と受給額の約1.2倍返し!不正受給の内部通報も受付

 

オンライン時代だからこそ注意したい、契約書に潜むトラップと契約書トラブルを防ぐこつ

 

詐欺に遭わないための防衛手段と、詐欺に遭ったときの対処法

 

10万円の特別給付金オンライン申請における手続き手順・注意点まとめ(パソコン版)

 

1人一律10万円の特別定額給付金、オンライン申請始まる(非対応自治体も多いので注意)

 

中小最大200万、個人事業・フリーランス最大100万の持続化給付金の申請スタート!申請サイトも出現

 

家賃支払いがヤバい人に!基本3ヶ月~最高9ヶ月分の家賃給付(上限あり)もある、住宅確保給付金支給の条件緩和(4月20日~)

 

新型コロナウイルス経営者向け相談窓口ー中小企業庁・日本政策金融公庫・商工会・商工中金・信用保証協会・よろず支援の窓口まとめ

 

厚生労働省総合支援資金 新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金で悩む方への施策が3月25日スタート(個人・個人事業主向け)

 

タイトルとURLをコピーしました